オリックス銀行

金利は会社によって全く違う数字となる

キャッシングを利用する時はとにかく金利というもので考えていくこととなります。この部分の比較ということをしておかないと、後から色々と面倒なことが起きてしまいます。とにかく返済しやすい会社かどうかをチェックしておくことが重要で、それによって利用しやすいものかどうかが変わってきます。

 

ここで色々なキャッシング系のサービスの金利を実際に比較してみようと思います。10万円を借りた時にどれくらいの利息が発生するのかを知ることで、キャッシングの金利を比較することができます。この情報を元に考えていくといいでしょう。

 

まずアコムとモビット、アイフルは10万円だと18%の金利が適応されます。この金額を1ヶ月借りていた場合は1479円が利息となります。この金額を返済していれば、翌月からの利息は徐々に減っていきますので、1万2千円位の返済が必要となるわけです。

 

同じようなキャッシングサービスのプロミスは17.8%なので、1,463円の利息となります。14円しか違わないように思われますが、実際にはこの数字が後々になって大きな影響を及ぼすことが多いです。一方カードローン系のサービスとして提供されているものはどうなるのでしょうか。

 

近年注目を集めているバンクイックは14.6%の金利が適応されるので、10万円を借りたら月1200円の利息となります。これは明らかにアコムなどと大きな差が生まれています。

 

更にお得なのがMRカードローンです。あまり知らない方に説明すると、MRカードローンは住信銀行が提供しているカードローンです。この最大金利は7.99%となっているので、利息は約650円となります。相当少ないことが分かると思いますが、その代わりに発行するまでに結構な壁となります。

 

一方カードローンでも高い金利を持つオリックス銀行だと、プロミスと同じ17.8%の金利が適応されることになるため1463円の利息となります。こうした違いというものを理解して、出来る限りキャッシングの金利は抑えられるようにしておくといいです。これは一例ですから、利用限度額によって適応される数字が変われば利息も変わるということは理解してください。